お尻をたるませる原因は日常生活にある?

お尻が垂れてしまう原因は日常生活の中にあります。今回は、お尻をたるませる日常生活に潜む原因についてご紹介します。

 

座り方

 

座る際に一番圧力がかかるのがお尻です。座り方が悪いとお尻にかかる圧力も大きくなってしまい、お尻がたるんでしまう原因となります。

 

お尻が垂れる座り方とは、猫背、足を組む、横座りなどです。猫背は背骨が曲がることでお尻にかかる圧力が大きくなってしまいます。横座りや足を組む座り方は、骨盤が歪んでしまい骨からヒップラインを崩してしまいます。

 

荷物の持ち方

 

普段、荷物や鞄を持つ際に、どちらか一方の手や腕、肩ばかりを使うという方は、お尻がたるみやすくなっています。どちらか一方に負荷が偏ってしまうと、体重の負担が同じ方向にばかりかかってしまうため、ヒップラインだけでなく身体全体の歪みの原因となってしまいます。

 

足に合っていない靴

 

足に合っていない靴は、歪んだ歩き方を招く原因となり、それが続くとお尻をたるませてしまいます。靴を選ぶ際は、自分の足のサイズに合っているか、不自然な歩き方にならないかなどをしっかりと確認しましょう。また、高すぎるヒールもお尻のたるみの原因となるので、長時間靴を履く場合はヒールの高い靴は避けましょう。

 

歩き方

 

歩き方が悪い方は普通の方よりお尻がたるみやすくなっています。正しい歩き方は足だけでなくお尻の筋肉も使っていますが、歩き方が悪い場合、お尻の筋肉はほとんど使われていないため、筋肉が衰えお尻がたるんでしまうのです。ヒップラインが気になる方は、自分の歩き方を意識して見直してみるといいでしょう。