通勤時間の合間に出来るヒップアップエクササイズ

毎日の通勤でバスや電車を使っている方にオススメなのが、通勤時間を利用したお尻エクササイズです。運動する時間やケアをする時間が中々取れない、という忙しい方でも、通勤時間の合間に簡単にできる方法なので、ヒップラインの歪みやお尻の垂れ下がりが気になる方は是非試してみてください。

 

椅子に座らない

 

眠い朝や疲れた帰り道はどうしても椅子に座りたくなります。しかし、そこはぐっと堪えて、通勤時間中は椅子に座らず立ってみましょう。

 

電車やバスの揺れに倒れないように踏ん張るという身体の動きは、特に下半身の筋肉を使う動きです。椅子を使わず立っているだけで、自然と下半身の筋肉を鍛えることができます。

 

最初のうちは慣れずに吊皮や手すりにつかまってしまいますが、慣れたら自分の足だけで立ち続けてみましょう。

 

また、最初のうちは安定感を求めるために足の開き幅が大きくなりがちですが、この幅を小さくすればするほど下半身の筋肉を使うことができます。慣れてきたら足の開き幅を徐々に小さくしていきましょう。

 

爪先立ちで立ってみる

 

椅子に座らず立つことに慣れたら、爪先立ちで立ってみましょう。爪先立ちは足の指だけを使い立つ姿勢なので、下半身に自然と力が入ります。

 

すると、多くの筋肉を使うことになるので、ヒップラインの歪みやお尻の垂れ下がり解消に効果が期待できます。

 

爪先立ちで立つ場合は、転倒を避けるために吊革や手すりにつかまって立ちます。満員時は危険なので、自分の周りにスペースがある時に行いましょう。