デスクワークの合間に出来る簡単お尻ケア方法

座りっぱなしのデスクワークは身体の様々な部分に悪影響を及ぼします。特に、椅子と接しているお尻にかかる負荷は大きく、長時間のデスクワークを続けているとヒップラインの崩れなどを引き起こします。今回は、デスクワークの合間に出来るお尻ケア方法をご紹介します。

 

隙間時間で動く

 

仕事の合間や休憩時間は、椅子から立ち上がることを意識しましょう。椅子に座りながらのストレッチもリフレッシュには効果的ですが、お尻に負荷がかかりっぱなしの状態です。

 

隙間時間を見つけたらなるべく椅子から立ち上がり、可能であればトイレや軽い外出をするようにしましょう。オフィスがビルにある場合は、エレベーターを使わず階段を使うと更に効果的です。

 

時間に余裕がある時はストレッチを行う

 

仕事がひと段落して時間が取れるという場合は、ただ身体を動かすのではなくお尻のために効果的なストレッチを行いましょう。

 

まず、垂直に立ち両足を肩幅くらいまで広げます。次に、膝の裏に手を当てながら片足を上げ、身体の方へ引き寄せます。最後に足を下ろして真っ直ぐに立ち、深呼吸をします。これを数回、両足で行いましょう。

 

むくみ防止の水分補給

 

デスクワークをしていると血液が下半身に溜まりやすくなります。この状態が長く続くと、下半身のむくみとなってヒップラインを崩してしまいます。

 

むくみを防止するには適度に身体を動かすことも大切ですが、時間がないという方は机の上にペットボトルなどを置いて意識的に水分を補給するようにしましょう。

 

コーヒーや紅茶などは利尿作用が高く、逆にむくみを促進させてしまう場合があるので、水分補給は水やスポーツドリンクなどで行いましょう。