ヒップアップに効果的なセルフお尻マッサージ方法

お尻は脂肪やセルライトが付きやすく、自分の目で見ることが中々難しい部分なので、気が付かないうちにお尻に肉が付いてしまった、ヒップラインが気になってきたということも珍しくありません。そこで今回は、セルフで簡単にできるお尻マッサージをご紹介します。

 

ツボを押す

 

まずは、環跳というツボを刺激します。環跳は身体の横、お尻の中央あたりにあり、左右のお尻両方にあるツボです。

 

ツボの中でも深い部分にあるものなので、刺激する際は少し強めの力で押すようにしましょう。ツボ押しマッサージは左右1分ほど行います。

 

環跳のツボ押しマッサージはヒップラインを整えるだけでなく、足の疲れを解消する効果もあるので、足が疲れているなと感じた時にはヒップラインを整えるついでにマッサージもしてみましょう。

 

リンパを流す

 

お尻のリンパ部分には脂肪や老廃物が溜まりやすくなっています。この溜まったものを流すことで、綺麗なヒップラインを保つことができます。

 

まず、床に対して垂直に立ち、足を肩幅くらいまで開きます。次に、手のひら全体でお尻の肉を掴みます。揉みこむようにお尻全体を掴んでいきましょう。お尻の肉を掴む際は痛みを感じる手前くらいの力で揉みほぐしましょう。

 

叩いて伸ばす

 

最後に、お尻の肉を叩いて伸ばします。これによりお尻のリンパを流し、無駄な脂肪や老廃物を排出することができます。

 

まず、手を握り締め両手でお尻の肉を叩いていきます。次に、息を履きながら両手を床に向けるように腰を曲げていきます。最後に息を吸いながらゆっくりと置きあがれば完了です。